HOME全身麻酔・鎮静

全身麻酔・鎮静全身麻酔による歯科治療(有病者外来・障害者外来)、訪問診療

すべての患者さまに正しい歯科治療を。

歯医者が嫌い、という患者さまの中には、精神的、肉体的な歯科医院への拒否反応にお悩みの方々もいらっしゃいます。
また、極端に歯科治療を嫌がり、暴れて治療できないというお子さまもいらっしゃいます。

当院では、このように、通常の歯科治療を受けることが困難な患者さまの受け皿となり、「リラックス外来」「有病者外来・障害者外来」「訪問診療」を設置しております。

麻酔、それは究極の癒し

「いくつになっても歯医者さんが苦手」という方は意外に多いのではないでしょうか。
歯科医院のキーンという音を聞いたり、消毒のにおいを嗅ぐと、子どもの頃のむし歯の治療を思い出して「つい緊張してしまう」という方、結構おられるのではないかと思います。
患者さんにできるだけ安心でストレスのない治療をご提供したい、と願い続けてきました。
そのためには、第一に痛くない歯科治療をご提供する方法、歯ぐきに向かって噴射する方法など、治療内容によってはいくつかの麻酔法を組み合わせて、きめ細やかに痛みへの対応をすることが可能になっています。
もうひとつ重要なのが、患者さんのリラックスです。
近年は、治療の痛みとともに、治療をする際に患者さんのこころに加わるストレスについても、注目が集まるようになっています。
たとえば高血圧や心臓病などの患者さんにとって、緊張しドキドキしてしまう治療のストレスの軽減は、偶発症を防ぎ、からだの健康を維持するためにもたいへん重要であると、認識されるようになりました。

そうした流れから、ぐっすりと眠っているうちに治療を終えることのできる全身麻酔での歯科治療の重要性がクローズアップされています。
「麻酔」と聞くと、なんとなく恐いな、と思う方も中にはおられるかもしれません。
しかし、麻酔は近代の医学が勝ち得た究極の癒し。
神が与えてくれた、としか表現しようのないほど大切なものです。
これ抜きの医学はいまや考えられません。
ぜひ、麻酔を「こわいもの」なんて思わず、味方に引き入れてください。
そうすることで、治療を受ける気持ちもずいぶんとラクになるはずです。

リラックス外来とは(笑気吸入鎮静法・静脈内鎮静法・全身麻酔)

笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法

治療への恐怖心、不安を和らげます(※笑気ガス自体には麻酔の効果はありません)。
笑気ガスは中枢神経の機能を抑制しますが、呼吸、循環、反射機能はそのままですので、患者さまの意識は保たれます。

静脈内鎮静法とは

点滴による全身麻酔の方法のひとつです。
薬の量を調整すれば、「うとうとという状態」~「完全に眠った状態」まで、麻酔の深さをコントロールできます。
基本的に、抜歯やインプラント埋入手術など、刺激の大きな処置の際に行います。

全身麻酔

全身麻酔とは、静脈から点滴で麻酔薬を投与して完全に眠っていただく麻酔法です。
「歯科で全身麻酔なんて?」と思われるかもしれませんが、最近の麻酔薬や各種モニターなどの機器の進歩は目覚ましく、驚くほど快適・安心に全身麻酔がかけられるようになりました。
心地よい熟眠感、そして目覚めると全ての治療が終了しており、不快感も副作用もほとんどありません。
さまざまな麻酔の装置に囲まれてたいへんそうに見えますが、患者さんご自身はいたって快適に治療が受けられ、口の中を触られたという記憶すらないのです。
こうしたストレスフリーな治療が可能になるのが全身麻酔です。
麻酔中は酸素を送る管を鼻やのどにつけ、呼吸をサポートします。
また、血圧や心拍数をモニターして全身の管理を行います。
専門職である麻酔専門医とすぐれた薬剤、そしてハイテク機器が安全で快適な治療を実現しているのです。
従来は、全身麻酔というと、あご骨の手術などの大きな手術を行うために入院して行うのが主流でした。
しかし現在では、通常の治療が困難な方にも用いられ、日帰り治療も可能になってきています。
たとえば、嘔吐反射の強い方、歯科治療恐怖症の患者さん、高血圧や心臓病の持病があり、緊張してドキドキすることによる偶発症が心配される患者さんや、また、お子さんのお口のケガの手術、障がいのある患者さんの治療、認知症を患っている患者さんの治療など、通常の治療を受けにくい方が、驚くほどラクに、少ない時間で一気に治療を済ませることができるのです。
歯科恐怖症の患者さんにの中には、チェアに座るだけで気分が悪くなったり、失神してしまう方すらおられます。
こうした患者さんも、全身麻酔下で治療を避けて我慢に我慢を重ねていた歯の苦しみが一気に消えると、歯科治療の効果、大切さを実感してとても喜んで下さるのはもちろん、歯磨きや来院にも徐々に協力的になってくださる患者さんが少なくないのです。
そこで、通常の治療が必要な患者さんで、しかしそれが困難だという方は、治療を我慢したり、極度のストレスを抱えて治療を受ける前に、一度問い合わせてみてください。

※全身麻酔の必要性
全身麻酔については、「患者さまによってはやる必要がある」というのが当院の答えです。
近年は麻酔薬の進歩も目覚ましく、覚めがよいもの、毒性がさらに低いものが開発されています。麻酔機器も新しくなり、より安全な麻酔下での治療が行えます。

このような方は・・・
痛みとは不思議なもので、最初に一度でも痛い思いをすると、痛みを感じるセンサーが格段に敏感になり、痛みの閾値は跳ね上がってしまいます。
極端な場合は、「ただ触っただけでも痛い」というようなことにもなりかねません。
そうならないためにも、歯科医師の細やかな気遣いはたいへん重要です。
ただ、こうした気遣いをしてもなお、歯科治療を受ける際はかなり緊張してしまう患者さんはおられるものです。
なかには、チェアの上に座っただけで血圧が急上昇したり、心拍数が急激に増える方もおられ、高血圧や心臓病など、患者さんの持病の具合によっては、我慢をして治療を受けることで体調を崩してしまう心配もあります。
こうしたなか、近年とくに注目されているのが患者さんへのストレスの軽減です。
治療のストレスを減らし、治療後に疲れずにお帰りいただければ、お口の悩みが消えてしっかりと噛んでおいしく食べられるようになるだけでなく、体調や体力の維持管理にとっても、たいへん効果が高いからです。
ことに高齢者の場合はさまざまな持病を抱える方も多く、体調を崩しやすいので、ストレスの少ない治療をする意味はたいへん大きいといえるでしょう。
また、患者さんの中には、お口にミラーを入れただけでオエッとなってしまう嘔吐反応の強い方、歯科恐怖症の方、障害者の方、また認知症を患っておられる方など、歯科医院での歯科治療の受診が困難な方も少なからずおられるのではないでしょうか。
そうした気がかりな患者さんが治療を受ける時に、治療の切り札になるのが精神鎮静法や全身麻酔です。
大きな歯科手術を受ける患者さんにだけでなく、通常の治療が困難で困っておられる患者さんにとっても、快適に安全に治療を受けていただける最強のカードです。
麻酔は、みなさんの治療の頼れる味方、そして究極の癒しです。
歯科治療が困難な方には、最終的には全身麻酔という奥の手も用意されています。
心配なさらないで、ぜひご相談下さい。

有病者外来、障害者外来

有病者外来、障害者外来

有病者外来 病気をお持ちの患者様へ

当院では、高血圧症、脳梗塞を含めて身体に何らかの病気を抱えていらっしゃる方でも安全に歯科治療を受けていただくため、「有病者外来」を併設しております。

歯科麻酔専門医(院長)がモニターにて「血圧」「心拍数」「体温」「呼吸の状態」「血中酸素」を常に確認しながらの治療となります。

障害をお持ちの患者様へ

現在の日本の状況として、障害を抱えている方が歯科医院に行く環境が整っているとはいえません。

当院歯科衛生士は日本障害者歯科学会・日本歯科麻酔学会認定衛生士が在籍しており、障害をお持ちの方に対しても積極的な治療を行っております。

より高度な治療を必要とされる場合は、京都府歯科医師会が運営している「京都歯科サービスセンター」をご紹介させていただきます。

訪問診療

訪問診療

ご高齢者を含めた寝たきりの方、その他あらゆる理由でご自宅からの通院が難しい方のために、当院では訪問診療を行っております。

有病者・リラックス外来併設

お問い合わせ

住所 〒606-8115
京都市左京区一乗寺里ノ西町50
診療時間 9:00~12:30、14:00~19:00
(土曜日は9:00~13:00)
定休日 水曜・日曜・祝日

QRコード

スマホからも
アクセス